1. 介護・福祉事業 用語集

介護・福祉事業 用語集

介護・福祉事業に関する用語をわかりやすく解説しております。

あ行

アセスメント(事前評価)

介護サービス利用者(要介護者、要支援者)の身体機能や状況を事前に把握、家族などとも相談し評価することで、ケアプランの作成等、今後のケアにどのような介護が必要なのか、課題を分析すること。

アドボカシー

自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症(痴呆)の高齢者、障害者の権利擁護やニーズ表明を支援し代弁すること。

移送サービス

自宅から介護施設や医療機関などへ車で運ぶサービスのこと。

移動介助

自力では動けない人が移動したいときに介助すること。

上乗せサービス

介護保険で保険給付の対象となっているサービスを、保険給付の上限額を超えて利用できるように、市区町村が独自の判断で、利用できる時間や回数を増やした(上乗せした)部分のサービスのこと。

OT(作業療法士)

作業療法。病気や心身の障害をもつ人が、機能の回復を目指し、手芸や工作、ゲームなど、さまざまな作業を行うリハビリテーションを用いた治療法のこと。又は、作業療法士のこと。

▲ページのトップに戻る



か行

介護

日常生活の動作や家事、社会活動、健康管理が自力で難しくなった高齢者や心身に障害を持った人を介助、支援すること。

  

介護サービス計画(ケアプラン)

介護サービスを利用する人に対して、それぞれに適切なサービス内容や頻度を決めていくこと。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護が必要な人のために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成したり、介護に関する相談、市区町村との連絡調整、保険の給付管理などを行なう資格のこと。

介護福祉士

食事の世話、入浴、排泄などの介護や指導・支援を行う専門職のこと。

介護認定審査会

要介護・要支援・自立を決める最初の判定(一次判定)の結果をもとに、二次判定として審査・判定を行う市町村の機関のこと。

介護報酬

指定を受けた介護保険施設やサービス事業者が、利用者に介護サービスを行なった対価として受け取る報酬のこと。

介護保険制度

介護が必要な高齢者が安心して暮らすために、公的な介護サービスを提供する社会保険制度。2000年に法律が施行された。

介護保険被保険者

65歳以上の高齢者(第1号)と、40歳以上の医療保険加入者(第2号)の2種類がある。

介護予防

介護が必要な状態の進行を抑えたり、介護を受ける状況にならないように予防をすること。

ガイドヘルパー

知的障害者や重度の視覚障害者、重度脳性マヒの人が外出する際にサポートするヘルパーのこと。

機能回復訓練指導員

介護老人福祉施設で、心身の機能回復を目指す訓練を行う指導員のこと。理学療法士や作業療法士などが担当する。

ケアハウス

高齢者が自立した生活ができるように整備された軽費老人ホーム。

高額介護サービス費

介護保険のサービスの自己負担金が一定の額を越えると支給される介護給付。

▲ページのトップに戻る



さ行

サービス提供責任者

訪問介護事業所において、訪問介護計画の作成や変更、ヘルパーのスケジュール管理などを行う責任者。
(介護福祉士、訪問介護員1級修了者、2級修了者で3年以上の実務経験が必要)

サービス提供票

ケアマネジャーが、利用者に毎月送付する、サービスの計画と実績を記入した書類。

サテライトケア

小規模の施設(サテライト)をいくつか設け、介護サービスを提供すること。

ショートステイ

短期入所生活介護や短期入所療養介護など、一時的に入所し受けるサービス。

身体介護

入浴、排泄、着替えなど、直接要介護者の身体にふれて行なう介護のこと。

生活援助

掃除、洗濯、買物、料理など家事一般を援助すること。

生活指導員

知的障害者などの生活全般に関わる指導や金銭の管理事務、関係機関との連絡を行う専門職員のこと。

生活相談員

利用者や家族の介護に関する悩みの相談に応じ、アドバイスや支援を行なう専門の職員のこと。

成年後見制度

判断能力が不充分な精神障害者、知的障害者、認知症などの人のために、財産上の法律行為(財産管理・契約締結・介護保健サービスの手続きなど)を代理人が行なう制度のこと。

▲ページのトップに戻る



た行

地域支援事業

地域包括センターの事業のひとつで、要介護認定で認定されなかった人や、介護保険対象外の人に対して行なわれる支援のこと。

地域包括支援センター

市区町村や委託を受けた事業者が主体となり、地域内で包括的な介護支援を行なう施設のこと。

特定福祉用具

腰かけ便座、特殊尿器、簡易浴槽等介護保険対象の福祉用具のうち、入浴・排泄の際に使用するもので、レンタルに適さないもののこと。

▲ページのトップに戻る



な行

認定調査員

市区町村や市区町村職員から委託を受けた要介護・要支援認定の申請内容を調査する介護支援専門員。

認定調査票

要介護・要支援認定に利用される調査票。利用状況を記載する「概況調査」と、「基本調査」、「特記事項」が記載されている。

▲ページのトップに戻る



は行

配食サービス

買い物や調理が難しい人のための食事宅配。市区町村特別給付サービスの一つ。

不服申し立て

介護保険では、保険料徴収金や、要介護認定などに不服がある場合、都道府県の介護保険審査会に申し出ること。

▲ページのトップに戻る



ま行

モニタリング

ケアプランで定めたサービスが継続的に行われているかを観察、監視すること。

▲ページのトップに戻る



や行

予防給付

要支援と認定された人が要介護状態にならないように提供される給付のこと。

▲ページのトップに戻る



ら行

理学療法士

医師の指示のもとで理学療法を行う専門職。

▲ページのトップに戻る

お問い合わせ・ご相談窓口 無料出張相談対応可能地域
兵庫県 神戸市 (北区 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 垂水区 西区) 芦屋市 尼崎市 西宮市 宝塚市 伊丹市 川西市 猪名川町 明石市 三木市 小野市 三田市 西脇市 加西市 加東市 多可町加古川市 姫路市 高砂市 稲美町 播磨町 神河町 市川町 福崎町 たつの市 宍粟市 相生市 赤穂市 太子町 佐用町 上郡町
大阪府 大阪市 池田市 箕面市 吹田市 高槻市 豊能町 能勢町 島本町 茨木市 摂津市 枚方市 寝屋川市 交野市 四條畷市 大東市 東大阪市

無料出張相談に伴う実費(交通費)について

無料出張相談にあたり、地域によっては実費(交通費)を頂戴しております。予めご了承くださいませ。

詳細に付きましては、お気軽にお電話等でお問い合わせくださいませ。

ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

介護福祉事業のことなら起業から運営までお任せ下さい。会社設立・指定申請から起業後の会計記帳・給与計算・労働保険・社会保険まで!

神戸・大阪介護福祉事業起業NAVI
お問い合わせはこちらから
  • TOPページへ
  • サービス紹介
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ