1. 居宅介護事業

居宅介護事業

居宅介護(ホームヘルプ)サービスとは

居宅介護サービスは通称「ホームヘルプサービス」と呼ばれ、障害福祉サービスの中で最もなじみ深く、数多いサービスのひとつです。
内容は、次のように分けられています。

  • 身体介護・・・居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護等を行います。
  • 家事援助・・・居宅において調理、洗濯及び掃除等の家事等を行います。
  • 通院等介助・・・通院等のための屋内外における移動介助、通院先での受診の手続や移動介助を行います。
  • 通院等乗降介助・・・通院等のため、ヘルパー等が運転する車両への乗降介助と併せて、通院等介助を行います。
  

サービス利用対象者

障害程度区分が区分1以上(障害児にあってはこれに相当する心身の状態)である者
※通院等介助(身体介護を伴う場合)を算定する場合にあっては、下記のいずれにも該当する者

(1) 区分2以上に該当していること

(2) 障害程度区分の調査項目のうち、次に掲げる状態のいずれか一つ以上に認定されていること
「歩行」 「3 できない」
「移乗」 「2 見守り等」、「3 一部介助」又は「4 全介助」
「移動」 「2 見守り等」、「3 一部介助」又は「4 全介助」
「排尿」 「2 見守り等」、「3 一部介助」又は「4 全介助」
「排便」 「2 見守り等」、「3 一部介助」又は「4 全介助」

申請基準

申請者

法人格を有していること。

※株式会社、合同会社、NPO法人などの法人を設立し、事業目的に介護事業を行う旨の記載が必要となります。
会社設立については、こちらをご覧ください。

人員基準

ヘルパー:常勤換算で2.5名以上

※介護福祉士またはホームヘルパー1、2、3級課程または介護職員基礎研修課程修了者

サービス提供責任者:専従・常勤1名以上(事業規模により増員が必要)

※①介護福祉士 ②介護職員基礎研修修了者 ③ホームヘルパー1級 ④ホームヘルパー2級でありかつ3年以上の実務経験を有する者のうち、いずれかに該当する者

管理者:専従・常勤1名

※サービス提供責任者との兼務可能。

人員の特例要件について
介護保険法上の訪問介護事業所の指定を受けている事業者は、その指定をもって障害者自立支援法の指定基準を満たしているものとされ、人員基準が緩和されます。訪問介護の方でのサービス提供責任者、管理者の人員をもって、居宅介護事業者、重度訪問介護事業者の指定を受けることができます。

設備基準

  • 事務室 : 広さに関する規定はないが、部屋の一画では認められないので、専用の区画を確保すること。(間仕切りで区切ることなどで、訪問介護の事業を行う区画が特定されていれば、専用の区画として認められる。)
  • 相談室: プライバシー保護から、個室が望ましいが、間仕切り、パーティションなどで区切られていれば、認められる。テーブル、4人座れるイスを確保しておくこと
  • 衛生設備: 感染症予防のため、手指の洗浄ができる洗面所などが必要

重度訪問介護のみなし指定について

重度訪問介護の指定申請基準は、居宅介護と同様です。居宅介護の申請を行うと、重度訪問介護はみなし指定となります。
※重度訪問介護事業のみを行う場合は、個別の申請を行わなければなりません。

通院等のための乗車又は降車の介助を行うには

訪問介護介護事業者が通院のための乗車または降車の介助を行い、介護報酬を受ける場合は、道路運送法で定める介護タクシー(4条)の許可及び福祉有償運送(79条)の登録が必要となります。

上記許可や登録を取得した上で、さらに都道府県において、通院等のための乗車又は降車の介助を行うための届出が必要となります。

 

介護タクシー等の詳細については、こちら

報酬について

居宅介護(ホームヘルプ)サービスの報酬

居宅介護 基礎単位数

① 身体介護
(1) 30分未満・・・ 254単位
(2) 30分以上1時間未満・・・402単位
(3) 1時間以上1時間30分未満・・・584単位
(4) 1時間30分以上2時間未満・・・667単位
(5) 2時間以上2時間30分未満・・・750単位
(6) 2時間30分以上3時間未満・・・833単位
(7) 3時間以上・・・916単位に30分を増すごとに+83単位
② 通院等介助(身体介護を伴う場合)
(1) 30分未満・・・254単位
(2) 30分以上1時間未満・・・402単位
(3) 1時間以上1時間30分未満・・・584単位
(4) 1時間30分以上2時間未満・・・667単位
(5) 2時間以上2時間30分未満・・・750単位
(6) 2時間30分以上3時間未満・・・833単位
(7) 3時間以上・・・916単位に30分を増すごとに+83単位
③ 家事援助
(1) 30分未満・・・104単位
(2) 30分以上45分未満・・・151単位
(3) 45分以上1時間未満・・・195単位
(4) 1時間以上1時間15分未満・・・236単位
(5) 1時間15分以上1時間30分未満・・・273単位
(6) 1時間30分以上・・・308単位に15分を増すごとに+35単位
④ 通院等介助(身体介護を伴わない場合)
(1) 30分未満・・・104単位
(2) 30分以上1時間未満・・・195単位
(3) 1時間以上1時間30分未満・・・273単位
(4) 1時間30分以上・・・ 343単位に30分を増すごとに+70単位
⑤ 通院等乗降介助
100単位

居宅介護 主な加算・減算

① 3級ヘルパー減算・・・30%減算
② 重度訪問介護研修修了者による場合の単位
 (1)1時間未満 (181単位)
 (2)1時間以上1時間30分 未満(271単位)
 (3)1時間30分以上2時間未満 (362単位)
 (4)2時間以上2時間30分未満(452単位)
 (5)2時間30分以 上3時間未満(542単位)
 ※3時間以上(625単位に30分を増すごとに+83単位)
③ 2人の居宅介護従業者による場合・・・×200/100
④ 夜間もしくは早朝の場合又は深夜の場合
 (1)夜間もしくは早朝の場合・・・+25/100
 (2)深夜の場合・・・+50/100
⑤ 特定事業所加算
 (1)特定事業所加算(Ⅰ)・・・+20/100
 (2)特定事業所加算(Ⅱ)・・・+10/100
 (3)特定事業所加算(Ⅲ)・・・+10/100
⑥ 特別地域加算・・・+15/100
⑦ 緊急時対応加算(月2回を限度)・・・100/回
⑧ 喀痰吸引等支援体制加算・・・100/日
⑨ 初回加算・・・1月につき200単位を加算
⑩ 利用者負担上限額管理加算(月1回を限度)・・・1回につき150単位を加算

福祉・介護職員処遇改善加算、福祉・介護職員処遇改善特別加算についてはこちらに記載しております。

加算や減算制度は、法改正が行われたり、制度が複雑で、なかなか理解しにくい、という方が多いかと思います。しかし、予め届出を行わなければ、利用できない加算制度がほとんどです。
加算・減算に関する届出等も、顧問契約内でサポートさせて頂きます。

お問い合わせ・ご相談窓口 無料出張相談対応可能地域
兵庫県 神戸市 (北区 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 垂水区 西区) 芦屋市 尼崎市 西宮市 宝塚市 伊丹市 川西市 猪名川町 明石市 三木市 小野市 三田市 西脇市 加西市 加東市 多可町加古川市 姫路市 高砂市 稲美町 播磨町 神河町 市川町 福崎町 たつの市 宍粟市 相生市 赤穂市 太子町 佐用町 上郡町
大阪府 大阪市 池田市 箕面市 吹田市 高槻市 豊能町 能勢町 島本町 茨木市 摂津市 枚方市 寝屋川市 交野市 四條畷市 大東市 東大阪市

無料出張相談に伴う実費(交通費)について

無料出張相談にあたり、地域によっては実費(交通費)を頂戴しております。予めご了承くださいませ。

詳細に付きましては、お気軽にお電話等でお問い合わせくださいませ。

ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

介護福祉事業のことなら起業から運営までお任せ下さい。会社設立・指定申請から起業後の会計記帳・給与計算・労働保険・社会保険まで!

神戸・大阪介護福祉事業起業NAVI
お問い合わせはこちらから
  • TOPページへ
  • サービス紹介
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ