1. 介護保険制度とは

介護保険制度とは

介護保険制度について

介護保険制度は、市区町村が運営しており、公費や40歳以上の被保険者の保険料を財源として、介護を必要とする状態と認定された方が、介護サービスなどの給付を受ける制度です。

サービス料金の1割が自己負担、9割は保険からサービス提供事業者に支払われます。

介護保険サービスを受けられる人

介護保険被保険者

  • 第1号被保険者・・・65歳以上の方
  • 第2号被保険者・・・40歳以上65歳未満の方

上記に該当する人は介護保険被保険者となり、介護保険料を納付しなければなりません。被保険者のうち、市区町村より認定を受けた人が介護保険サービスを受けることができます。

※第2号被保険者は、要介護者・要支援者であり、かつ、その原因が老化に起因する疾患(特定疾病)によるものでなければサービスを受けることが出来ません。

流れ

また、要支援・要介護状態になるおそれがある高齢者は介護予防サービスを受けることが出来ます。

要介護度の段階

現在、要介護度は7段階に区分されています。

要介護度 身体状態 サービス水準
要支援1 基本的な日常生活はほぼ自分で行うことが可能だが、要介護状態にならぬよう一部支援が必要。 介護予防通所サービス、週1回の介護予防訪問介護、月2日の介護予防短期入所サービスが利用できる水準
要支援2 立ち上がりや歩行が不安定。排泄、入浴などで一部介助が必要だが、身体状態の維持又は改善の可能性がある。 介護予防通所サービス、週2回の介護予防訪問介護、週1回の介護予防訪問介護、月2日の介護予防短期入所サービスが利用できる水準
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。 排泄、入浴などで一部介助が必要。 毎日何らかのサービスが利用できる水準
要介護2 起き上がりが自力では困難。排泄、入浴などで一部又は全介助が必要。 週3日の通所リハビリテーション又は通所介護を含めて、毎日何らかのサービスが利用できる水準
要介護3 起き上がり、寝返りが自力で出来ない。排泄、入浴、衣服の着脱などで全介助が必要。 夜間の巡回訪問介護を含め、1日2回のサービスが利用できる水準
要介護4 排泄、入浴、衣服の着脱など多くの行為で全面的介助が必要。 夜間の巡回訪問介護を含め、1日2~3回のサービスが利用可能。認知症では週5回の通所リハビリを含め毎日利用できる水準
要介護5 生活全般について全面的介助が必要。 早朝、夜間の巡回訪問介護を含め、1日3~4回のサービスが利用できる水準
お問い合わせ・ご相談窓口 無料出張相談対応可能地域
兵庫県 神戸市 (北区 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 垂水区 西区) 芦屋市 尼崎市 西宮市 宝塚市 伊丹市 川西市 猪名川町 明石市 三木市 小野市 三田市 西脇市 加西市 加東市 多可町加古川市 姫路市 高砂市 稲美町 播磨町 神河町 市川町 福崎町 たつの市 宍粟市 相生市 赤穂市 太子町 佐用町 上郡町
大阪府 大阪市 池田市 箕面市 吹田市 高槻市 豊能町 能勢町 島本町 茨木市 摂津市 枚方市 寝屋川市 交野市 四條畷市 大東市 東大阪市

無料出張相談に伴う実費(交通費)について

無料出張相談にあたり、地域によっては実費(交通費)を頂戴しております。予めご了承くださいませ。

詳細に付きましては、お気軽にお電話等でお問い合わせくださいませ。

ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

介護福祉事業のことなら起業から運営までお任せ下さい。会社設立・指定申請から起業後の会計記帳・給与計算・労働保険・社会保険まで!

神戸・大阪介護福祉事業起業NAVI
お問い合わせはこちらから
  • TOPページへ
  • サービス紹介
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ